広告

生命保険の基礎知識

生命保険 死亡保険 生存保険 生死混合保険の3つの基本形に分かれ、定額保険 変動保険2つに分類される

死亡保険 被保険者が死亡または高度障害になった場合に保険金が支払われるもの。代表的な保険 定期保険、終身保険、定期付終身保険

生存保険 被保険者が特定の直に生存していた場合に保険金が支払われるもの 代表的な保険 個人年金保険 貯蓄保険

生死混合保険 死亡保険と生存保険を組み合わせたもの 代表的なもの 養老保険、定期付き養老保険

定額保険 契約時に保険金を定め、保険期間中にその約定金額が変わらない保険

変額保険 保険期間中に保険金額が資産の運用実績等に応じて変動する保険

契約者 = 契約の権利・義務を負うもの

被保険者 = 保険事故の対象となる者

保険金受取人 = 保険金を受け取る者

保険料の仕組み

保険契約における保険料は「大数の法則」「収支相等の原則」

大数の法則 個々の事故は、偶発的であっても、繰り返し大量に観察すると一定の法則を見いだす事が出来る。→過去のデータから死亡率を求め保険料を算定する。

収支相等の原則 払込保険料総額+運用益=支払保険金総額+経費

生命保険料と保険金・配当金・責任準備金

生命保険料の構成 営業保険料 純保険料 死亡保険料 生存保険料 付加保険料

生命保険約款 責任開始日 申込 告知又は診査 第1回目保険料充当金の払込み

告知と告知義務違反 失効 解約 減額 払い済保険・延長(定期)保険

払済保険と延長(定期)保険は保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額を保険料に充てて、保険内容を変更するもの。

現金が一時的に必要になった場合 積立配当金の引き出し、契約者貸付制度

保障の見直し 契約転換精度 責任準備金や積立配当金を転換(下取り)価格として転換後契約の一部に充てる。転換後契約の保険料は軽減される

広告

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© Uh consultings

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。