広告

決済日

本日は午前中に不動産の受け渡しを行った。 一括決済だったので事前の協議や打ち合わせを重ねて、昨日までに契約書や重要事項説明書類、覚書などを準備を整えて、本日は関係書類の署名や押印を頂き、司法書士立会のもと、金融機関で金銭の授受を行った。不動産取引において、決済時の細部の決まりごと的な部分が、非常にあやふやで地域性であったり、会社の決まりであったり、また取引に関わる不動産業者、金融機関、司法書士それぞれが自分たちのルール、決まりに沿って取引が行われている。当然関わる人間が全て同じ歩調で臨む訳ではないので、誰がか譲らなければ、誰かが譲歩している。本日取引に関わった相手方不動産業者の社員さんは、非常に綿密に調査をしていただき、また周囲の気配りや、何よりも関係者全ての方々に対し、笑顔で接してくれて大変好感の持てる方でありました。おそらくこのブログは読んでないと思うが、『有難うございました。』と心から感謝いたしました。不動産取引において複雑な事情のある場合、機械的に事務的に、世間話など一切せずに取引だけを行う場合もありますが、やはり場を和ましたり、円滑に事が進むためには調整役が必要であり、不動産業者の大切な部分は、その調整能力なのかなあと、非常に感じた次第です。

広告

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© Uh consultings

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。