広告

売却依頼

不動産売却のご相談の際、売却依頼する側は、「いくらで売れて、いつ売れるのか?」というご質問があります。売却のお手伝いをする側はこう答えます「相場より高ければ、時間がかかります。相場より安ければ、早く売れます。」単純明確です。次に依頼者は訊ねます「では相場はいくらなのだ?」ここからの会話は不動産業者によって回答が様々です。何故なら営業スタイルや、会社の方針が違うからです。売却の依頼をお受けする際、媒介契約を結びます。専門用語です、解りやすく説明すると売却の仲介を依頼する契約です。依頼の仕方に種類があります。大きく分けて2種類です。1社に依頼するか、数社に依頼するかです。多数の不動産業者が、専任媒介契約という名の1社だけに依頼して欲しいと説明があるはずです。何故なら依頼をお受けして、確実に報酬が発生するからです。不動産取引の際に発生する仲介手数料は、成功報酬です。特別な依頼を除き、チラシやインターネット掲載などの費用は請求しません。一般的には物件調査費用も特別な事情が無い限り経費すらご請求致しません。そして売主側、買主側と1つのご契約に対し、一般的には、売主側の報酬と、買主側の報酬の2つの報酬が発生します。この売主側の報酬が、専任媒介契約だと確実に成約の際に売上になるからです。他方、一般媒介契約という複数の不動産業者へ依頼する場合は、どうでしょうか。不動産の売却を依頼されて、経費を掛けて販売活動をし、他社の不動産業者で成約されてしまったら売り上げはゼロ、経費は丸損となるわけです。先の営業トークの続きも大半の不動産業者が、専任媒介契約を取るべく会話がなされます。ここで自身は考えが異なります。当社は会社の規定で依頼者がよほど望まない限り、専任媒介契約を致しません。複数の不動産業者さんへの依頼ができる一般媒介契約をお勧めしています。これには理由があります。消費者である依頼者は、記事の最初にあるように、2つの質問の答えが知りたいのです。そして次の相場の答えが知りたいのです。こればかりは、1社の不動産業者が説明したところで、なかなか納得できるものではありません。最近では事前に、インターネットや、チラシで調査し、価格を既に決めてからご、相談にお見えになる売却依頼者が増えており、10年前と比較して売却査定件数自体が減っています。あとやはり売却依頼される依頼者様の財産ですから、当社は買取以外では値段をつけません。いわゆる売り出し価格の決定権は依頼者にあります。最終的に価格交渉を経て、契約になる場合もあります。その際も仲介業者というのは、やはり決定権は売主様にあると考えてますので、よほどの金額で無い限り、意思の伝達を行います。売却依頼者から良く聞く言葉で「どこそこの営業マンはいくら万円だって言われた。」「こっちの不動産屋はいくら万円って言われた。」というお客様がお見えになります。あくまでも売却可能相場であり、お金に換金する時間を考慮すれば、査定価格に開きが出て当然です。即換金の必要性がある場合、買取となり金額は大きく下がりますが、半年、1年ほどの時間がある依頼者には、まず自身の決めた売却価格で売り出しをすることをお勧めしています。時間的な余裕の有無こそが、納得のできる価格で売却できるコツであり、理由だと考えます。そして最終的に不動産業者選びですが、自身の経験で必ずしも規模の大きな不動産業者さん、チラシや宣伝に力を入れている不動産業者さんが買主さんを見つけてくれるかというとそうではない理由もあります。この辺りは後日記事にいたします。

広告

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© Uh consultings

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。