広告

草刈りのおじさん

毎年この時期、蝉の幼虫が地面から這い上がって、蝉になりうるさく、不眠症で悩む僕の朝の貴重な睡眠時間を妨害される時期(話が長い)

僕は不動産業者から、草刈りのおじさんに変身します。

昨日はお天気も良かったので、朝の涼しい時間帯に出動です。

車に、草刈り機を積み、万が一に備え芝刈り機、ガソリン、ビニール袋やらカマと

草刈り用工具一式を。そして、脱水症状で死ぬといけないので、水分を大量に積みました。

僕の恰好は、麦わら帽子(これが無いと熱中症でぶっ倒れます。)にシャツ。そして長靴に軍手。

(もちろん着替えも完備です。)

これでどこから見ても、完全に不動産屋さんには見えません。

シャツは直ぐにびしょぬれになります。(おそらく昨夜のビールです。)

そんなわけで真剣に草刈りをしていると、近所のおじさんに「この土地は売れたのか?」

と話しかけられます。

もう完全に僕は草刈りのおじさん(そういう業者に見えたのだと思いますが。)で、不動産屋さんだと思われていないので、おじさんも言いたい放題です。

話していて、逆にこのおじさんこそ不動産屋さんではないだろうか?と思ってしまって

おかしかったです。

無事に小一時間で最初の現場を終えて、次の現場へ

お盆までこんな調子ですが、今日は台風も近付き草刈りのおじさんはお休みです。

そんな日は不動産屋さんに戻り、お客様の対応と、打ち合わせに明けくれます。

終わり

広告

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© Uh consultings

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。