広告

宅地建物取引士試験

不動産の仕事をしていると、宅地建物取引士試験の合格方法を教えて欲しいと社会人の方にアドバイスを求められることがあります。

人それぞれの勉強法があると思いますが、勉強嫌いなわたくし流の宅建士試験攻略法をご紹介いたします。あくまで自分ルールの殴り書きです。これから勉強する方の参考になればと思いますが、宅地建物取引士試験に今年落ちても責任は一切取りませんので悪しからず。

Photo by Skitterphoto on Pexels.com

社会人の場合、仕事しながら宅地建物取引士試験を目指す場合、まず最初に短時間で効率的な勉強方法を模索します。

最大の勉強方法は、勉強時間を作ることだと思います。

仕事、育児、家事などもこなしながら時間を作るのは大変です。普段通りでも勉強時間を作る習慣のある方もいらっしゃいますが、仕事仕事の人や、子供さんが小さいご家庭の方だと更に大変です。

1、毎朝早起きする。

自分の場合、早起きして勉強はせずに仕事をしていました。

勉強は家に持ち込まないようにしていました。

2、強制的にスケジュールに勉強時間を作る。

当時西三河に住んでいたので、知立市、刈谷市、豊田市などの図書館の学習室へ行き、自分で自分を監禁して過去問を解いていました。車で行くと脱走しそうだったので、徒歩、電車、バスなどを使い、逃げないようにと、色々な街の図書館へ行って勉強していました。

Photo by Pixabay on Pexels.com

3、誘惑に負けない。

インターネット&スマホ社会、勉強の際にはパソコンや、スマホから隔離した環境作りも大切です。学習室へは携帯などは持ち込まずロッカーへ。

実践した勉強法

試験に落ちる人のほとんどが時間が無いなどの理由で、インプット作業をせず試験に臨みます。まず落ちます。

学生時代に勉強しなくても出来るとかいう人の話をききますが、記憶力が良いか、本当は勉強しているかのどちらかではないかと。

どんなに頭の良い人でも、インプットしていない(習ってもいない)問題はいくら4択といえども、全問は解けないと思います。良くて3割、奇跡が起きて5割(半分)といったとこでしょう。合格のハードルは7割から8割ですからインプット作業をしたもの勝ちです。

ここで勘違いが起きます。勉強しないといけない。たくさんインプットしないといけない。たくさん覚えないといけない。と思ってしまうのです。

Photo by Startup Stock Photos on Pexels.com

実際は逆です。知らないことを炙り出す作業を効率よく行い、解らないことだけ勉強すれば良いのです。

買いそろえたもの

1、書籍 住宅新報社の過去問10年分とテキストの2冊 

これ1冊でOK的な参考書が出ていますが、内容を凝縮して1問にあれもこれも詰め込んでいる問題が多く見受けられます。それで本を薄くしている訳ですが、本番試験はそこまで難しい問題は出ないので買いませんでした。

2、文房具、ボールペンと蛍光ペンもしくは付箋

人それぞれですが、時間が無い人向けの勉強法なのでインプット作業の際は、ノートへの転記や、テキストへの書き込みは自分の中で禁止にしていました。なので試験が終わっても、当時のテキストは、新品のままでした。

インプットしてアウトプット ではなく

アウトプットしてからインプット

最初に、テキストを読んで覚えるのは禁止です。それをやるとわかったような気になるのと、どこが解らないのかが明確になりません。

最初にアウトプット作業をして解らない、出来ない問題を炙りだします。

アウトプットの際は鉛筆のみ使用可、それ以外は持ち込み禁止で本番試験と同じように、外出禁止(勉強室から)、トイレもダメです。 自分の出来ない問題を炙りだす作業です。正解が多いより、むしろ最初の段階では不正解のほうが良いと思います。

四択×50問×10年分=2,000のことを覚えるゲーム

実は、最初の1年分50問を解くのに4時間くらいかかりました。ノー勉強でいきなり試験ですから当然のことです。半分出来れば良いほうです。

不正解だけなら覚えるのは1,000以下に

解答合わせをしたら、間違えた問題の解析をします。正解した問題は復習する時間も省略します。間違えた問題だけ、テキストに戻って条文だったりテキストの何ページだったりを蛍光ぺんや付箋で記していきます。これがインプット作業です。時間が無いので、最初のうちは、10年分もあれば同じような問題がまた出てくると思うようにして下さい。本当適当に次に進めて良いです。

間違えた問題だけを解析インプット

あとは四択50問10年分を同じことの繰り返しです。ほとんどの人が都合3回これを繰り返したあたりで、合格が見えてくると思います。

当日2時間で臨む試験問題は、これでほぼ30分で解けます。残りの1時間半は寝ていて構いません。ある意味カッコイイです。

Photo by Pixabay on Pexels.com

余談ですが、消しゴムが苦手なので普段も、勉強の時も小さい頃から使いません。これも時間の省略です。人生でかなり時間を得します。二重線で十分です。

最後までお読みいただき、本日もありがとうございました♪

広告
  1. 大久保さんこんばんは。
    いつも拝見しております。
    過去数回、宅建に落ちている私は、この記事を読んで「あー…そういうことか。」と納得致しました。
    再チャレンジしたいと思います!ありがとうございます!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© Uh consultings

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。