広告

不動産購入時にやるべき10のステップ

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。宅地建物取引士の大久保です。今回は、IT時代になりましたが、不動産購入時にやるべき10のステップをまとめてみたいと思います。

Photo by Emma Bauso on Pexels.com

1.希望条件を整理する

  • エリア
  • 広さ、間取り
  • 時期、タイミング
  • 家族会議 もめる事もある

2.予算を整理する

  • 手元資金の確認
  • 年収などに応じた借入可能額の確認
  • 借入可能額から購入可能額の相談
  • 家族会議 もめる事もある

3.相場を調べる

  • 購入可能額でかえるかの相場確認
  • 予算に対し、過不足の確認
  • エリア、広さ、などの見直し
  • 家族会議 もめる事もある

4.不動産業者(営業マン)を決める

  • 希望エリアに強そうな業者を探す
  • ネットで絞り込んで実際に店舗事務所を訪問
  • 信頼できそうか、担当者にも直接会って話をする 顔で決めないこと

5.物件を見に行く

  • 希望に合いそうな物件を紹介してもらう
  • 希望に合いそうな物件を見学する
  • 物件だけでなく、周辺環境などもチェックし探索する

6.購入物件を決める

  • 決める
  • 資金計画や諸経費など最終確認をする
  • 申込をする。祝杯はまだ我慢

7.売買契約を締結する

Photo by rawpixel.com on Pexels.com
  • 重要事項説明書の説明を受ける
  • 売買契約書に署名、捺印をする
  • 5%から20%の頭金を支払う 
  • 祝杯にはまだ早いが、前祝を行う

8.住宅ローン契約を結ぶ

  • 金融機関にて住宅ローンの申込審査を開始
  • ローン審査が承認されれば、正式に住宅ローン契約を締結する
  • 金銭消費貸借契約の際、団体信用生命保険、火災保険などに加入する
  • ここまでくれば、かなり安心

9.引き渡しを受ける

  • 融資金の支払、残代金の支払、諸費用の支払など決済を行う
  • 同時に、鍵、保証書、など引き渡しを受ける
  • 司法書士立ち合いの元、所有権移転登記などの手続きを行う

10.引っ越し、返済開始

  • 引っ越し業者を決め引っ越す
  • 住宅ローンの返済が始まる
  • ここでようやく祝杯をあげる

まとめ

  • 家族会議で喧嘩しないこと
  • 不動産業者(担当者)を顔で決めないこと
  • 祝杯は、引っ越し後に行いましょう

今回も、最後までお読みいただきありがとうございます。

広告

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© Uh consultings

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。