広告

不動産取引のIT化について考えてみた

Photo by Pixabay on Pexels.com

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。宅地建物取引士の大久保拓洋です。今回は、2017年に始まったIT重説(賃貸取引のみ)や、不動産取引における電子サインの今後の普及について勝手に個人的な意見ですがまとめてみました。

Photo by rawpixel.com on Pexels.com

IT重説の普及

IT重説とは不動産取引における契約の前に、宅地建物取引士による重要事項説明をテレビ電話などを使って行うことです。不動産取引における契約行為は、宅地建物取引業法がカバーしている為、メールで契約したり、電子サインなどで完了することが理論上出来ません。物件情報を取得する作業までは、この20年でIT化が進みました。今後何かしらの法律の改正などがあれば一気に普及がすすむかもしれませんが、おそらくまだ10年は普及しないように考えます。

Photo by Pixabay on Pexels.com

電子サインとコード支払い

コワーキングスペースや、駐車場の契約などは徐々に電子サインや、カード決済、また今流行りのPayPay,LINEペイなどのコード支払い、Suicaなどでも対応してきています。不動産取引のようですが、宅地建物取引業法の規制外のものは、この数年で一気に普及しそうです。もちろんネット上、メール上で完結できる時代がもうすぐそこまでやってきていると思います。

まとめ

少しだけ思うのは、商品をレジで買うのと違い、不動産取引は金額が高額な故、慎重には慎重を重ねる為だというのは理解できます、しかしもう少し手続きを簡略化したほうが良いのではと思います。平成の30年間で不動産取引における契約行為の難解化(重要事項説明書の調査項目の増加など)が進みすぎてしまい、手間も経費も必要とし、消費者側も時間と手間が無駄に多くなってきているのではと危惧しています。令和では、逆に簡略化へとすすむべきではと考えます。

Photo by Negative Space on Pexels.com

最後までお読みいただきありがとうございます。

広告

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© Uh consultings

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。